1. HOME
  2. 難病・希少疾患ニュース
  3. パーキンソン病治療剤「エクフィナ錠50mg」(一般名:サフィナミドメシル酸塩)日本において新発売

パーキンソン病治療剤「エクフィナ錠50mg」(一般名:サフィナミドメシル酸塩)日本において新発売

エーザイ株式会社は、レボドパ含有製剤で治療中のパーキンソン病患者にみられるwearing off現象の改善効果のあるパーキンソン病治療剤「エクフィナ®錠50mg」(一般名:サフィナミドメシル酸塩、以下「エクフィナ」)を日本において、新たに発売いたしました。


wearing off(ウェアリングオフ)現象は英語で”擦り切れる”という意味があり、レボドパの効果が切れたとたんに急に動けなくなってしまう現象です。パーキンソン病が進行すると、脳内のドーパミン細胞が減少してしまうため、以前よりも早くドーパミンを使い切ってしまいます。これにより、レボドパの効果持続時間が短くなってしまうことによって引き起こされると言われています。
「エクフィナ🄬」は、モノアミン酸化酵素(MAO-B)の選択的かつ可逆的な阻害作用により、内因性およびレボドパ含有製剤由来のドパミン脳内濃度の維持を助けます。また、電位依存性ナトリウムチャネル阻害作用を介した脳内グルタミン酸放出抑制作用を併せ持っています。国内臨床試験においては、症状が抑えられている時間を1時間以上延長し、運動機能の改善も認められています。

元のニュースはこちら

関連記事