1. HOME
  2. 難病・希少疾患ニュース
  3. 腸内細菌の代謝嗜好性を標的にした次世代栄養療法実現の可能性-食事由来アミノ酸制御で炎症腸管での潜在的病原細菌の増殖を抑制-

腸内細菌の代謝嗜好性を標的にした次世代栄養療法実現の可能性-食事由来アミノ酸制御で炎症腸管での潜在的病原細菌の増殖を抑制-

ミシガン大学医学部(米国ミシガン州)消化器内科の鎌田信彦博士、北本祥博士、慶應義塾大学先端生命科学研究所(山形県鶴岡市)の福田真嗣特任教授、およびクレルモン・オーヴェルニュ大学(フランスオーヴェルニュ州)のニコラ・バーニッシュ教授らを中心とする国際共同研究グループは、食事由来のアミノ酸の制御が、炎症腸管における潜在的病原細菌の増殖を抑制するのに重要であることを明らかにしました。本研究成果の詳細は、国際科学誌「Nature Microbiology」のオンライン版に2019年11月4日(米国東部時間)に掲載されました。

元のニュースはこちら

関連記事