1. HOME
  2. ヌーナン症候群

ぬーなんしょうこうぐん
ヌーナン症候群Noonan’s syndrome

指定難病195

ヌーナン症候群

ピックアップ・イベント

ニュース一覧

イベント一覧

実施中の治験/臨床試験

検索結果は見つかりませんでした。

クローリングニュース

この疾患に関するニュースはありません

病気・治療解説

概要

細胞内のRas/MAPKシグナル伝達系にかかわる遺伝子の先天的な変化によって、特徴的な顔貌(眼間距離の拡大など)、翼状頚、胸郭変形、 先天性 心疾患、肥大型心筋症、低身長などを示す先天症候群です。胎児水腫、難聴、出血性素因、血液凝固異常、停留精巣などをしばしば認めます。

罹患数

海外の報告では出生1000-2500名に1人という報告がありますが、実態はまだ不明なところが多いです。国内では600人位ではないかと推定されますが、診断されていない患者さんもおられると考えられます。

疫学

先天性の病気ですので小児期に気づかれますが、成人でもみられます。性差はありません。

原因

ヌーナン症候群類縁疾患の原因遺伝子として、これまでに細胞内のシグナル伝達経路であるRAS/MAPKシグナル伝達経路に関与する分子であるPTPN11、SOS1、RAF1、RIT1、KRAS、BRAF、 NRAS、SHOC2、CBL遺伝子のいずれかに先天的な変化が報告されています。しかしながら、約20-30%の患者ではこれらの遺伝子に 変異 を認めず、まだ見つかっていない新しい病因遺伝子が存在すると考えられています。なぜこの先天性にRAS/MAPKシグナル伝達経路の変異を持つとこのような症状がでるのかは明らかではありません。

遺伝

常染色体優性遺伝 形式をとります。1)患者さんのご両親のいずれかがヌーナン症候群である場合と、2)ご両親は変異を持っていない新生突然変異の場合があります。1)の場合は患者さんのきょうだいが同じ遺伝子変異を持つ確率は1/2になります。2)の場合は一般に患者さんのきょうだいが同じ変異を持つ確率は0に近くなります。いずれの場合でも患者さんの次世代(こども)には1/2の確率で遺伝します。

症状

低身長、翼状頚,胸郭変形、先天性心疾患、肥大型心筋症、停留精巣、様々な程度の知的障害などが認められます。ただし、それぞれの患者さんに必ずしもすべての症状が認められるわけではありません。ときに血液増殖性疾患(白血病)や固形腫瘍を合併します。

治療法

患者さん1人1人で症状の組み合わせや強さは違いますので、症状に対する対症療法がおこなわれます。心疾患の早期発見と早期治療が、その後の症状の改善に有効です。

経過

先天性心疾患、肥大型心筋症、骨格異常、成長・発達の遅れが合併することが多いので、長期にわたって通院や治療が必要な可能性があります。

患者さんに知って欲しいこと

栄養・成長・発達、視覚、聴覚、心臓、骨格の診察などを定期的に病院で受け、必要な治療を受けていくことが重要です。歯科検診も重要です。発達の遅れに対しては療育が重要です。

※難病情報センターhttp://www.nanbyou.or.jpより、許可をいただき掲載しております。