1. HOME
  2. 両大血管右室起始症

りょうだいけっかんうしつきししょう
両大血管右室起始症double outlet right ventricle

指定難病216

両大血管右室起始症
タウジッヒ・ビング奇形

ピックアップ・イベント

ニュース一覧

イベント一覧

この疾患に関するピックアップ記事、イベントはありません

実施中の治験/臨床試験

検索結果は見つかりませんでした。

クローリングニュース

病気・治療解説

概要

正常の心臓では、左室からは大動脈が起始し、右室からは肺動脈が起始しますが、両大血管右室起始症では、前方の大血管が完全に右室から起始するとともに、後方の大血管の50%以上が心室中隔欠損孔(VSD)を介して右室から起始します。大血管の位置関係や心室中隔欠損孔の位置関係により、大きくは、大動脈弁下型VSDと肺動脈弁下型VSDに分類されています。そのほか、稀なタイプとして両大血管下型VSDと遠隔型VSDがあります。

罹患数

先天性 心疾患の約1%とされています。

疫学

両大血管右室起始症が多い家系や遺伝性症候群はあまりありませんが、18トリソミーの患者さんには比較的頻度が高く認められます。

原因

胎児期のできはじめの心臓の出口(右心室の流出路)には一つの太い血管(総動脈幹)が繋がっています。母体内で心臓の発生が進むと、右室流出路が心臓の左側に大きく移動するとともに、総動脈幹では内部にらせん状の仕切りができてきて大動脈と肺動脈が分かれるようになります。この結果、左側の後にできる大動脈が新たに左心室と交通するようになります。この過程、すなわち、右室流出路の左側への移動もしくは総動脈幹のらせん分割に異常があると、両大血管右室始起が発症します。

遺伝

両大血管右室起始症では、明らかに強い遺伝性は認められていません。一般に先天性心疾患の親から子へ何らかの先天性心疾患が遺伝する確率は、父親で3-5%程度、母親で5-10%程度とされています。

症状

大動脈下型VSDで肺動脈 狭窄 を伴わないお子さんでは、左心室から右心室へ大量の血液が短絡しますので、新生児や乳児では、多呼吸、陥没呼吸、哺乳不良、体重増加不良、発汗などの心不全症状が認められます。肺動脈狭窄を伴う場合はファロー四徴のような チアノーゼ が新生児より見られ、その程度は肺動脈狭窄の程度により異なります。
肺動脈弁下型VSDでは、基本的に新生児期よりチアノーゼが見られます。ただし肺動脈狭窄を伴わない場合には、心不全症状が目立つこともあります。肺動脈狭窄を伴う場合は、新生児期より著しいチアノーゼが見られます。

治療法

大動脈下型VSDで肺動脈狭窄を伴わないお子さんでは、左心室の血液が大動脈にスムーズに流れるようにする形で心室中隔欠損孔を閉鎖します。肺動脈狭窄を伴う場合は、肺動脈狭窄の程度が強ければ、乳児期早期にブラロック=タウシッヒ短絡手術を行い肺血流と増やしてチアノーゼを改善し、成長を待ってから乳児期後期に心内修復術(心室中隔欠損孔閉鎖と右室流出路狭窄解除術)を行います。
肺動脈弁下型VSDでは、肺動脈狭窄をともなわない場合は、新生児期から乳児期早期に大血管転換術(ジャテネ手術 )を行います。強い肺動脈狭窄をともなう場合は、新生児期にブラロック=タウシッヒ短絡手術を行い肺血流と増やし、幼児期早期にラステリー手術行って、心室中隔欠損孔を閉鎖するとともに、人工血管により右心室から肺動脈へ血液を導きます。
遠隔型VSDの一部の患者さんで、大動脈が左心室から遠く離れている場合には2心室修復手術ができず、1心室修復術であるフォンタン手術を行う場合があります。

経過

肺動脈狭窄を伴わない大動脈下型VSDのお子さんでは、一般に単純な心室中隔外科手術後のように 予後 は良好で生活制限も必要でないことが多いです。肺動脈狭窄を伴うお子さんでは、ファロー四徴の術後に準じます。 生命予後 は比較的良好ですが、問題となる程度の肺動脈弁閉鎖不全や狭窄が遺残したお子さんでは、思春期や成人期に再手術が必要になることがあります。
肺動脈狭窄を伴わない肺動脈下型VSDのお子さんでは、完全大血管転位のジャテネ手術後に準じます。近年、生命予後は比較的良好になりましたが、術後の肺動脈狭窄、大動脈弁閉鎖不全、冠動脈障害などの 重篤 な続発症が起こり得ますので、術後も慎重な経過観察が必要です。再手術や カテーテル治療 の可能性があります。
肺動脈狭窄を伴う肺動脈下型VSDのお子さんでは、ラステリー手術後の続発症である導管狭窄、導管閉鎖不全が高率に認められます。再手術やカテーテル治療の必要性があります。
遠隔型VSDなどでフォンタン手術を行った場合は、単心室のフォンタン手術後の経過に準じます。

患者さんに知って欲しいこと

術後の遺残症および続発症の状態と程度によります。心不全や問題となるような不整脈のないお子さんでは、激しい運動は少し注意が必要ですが、概ね学校での体育活動は可能です。無理をしない範囲でのクラブ活動も可能なことが多いです。大血管転換術やラステリー手術などの複雑な手術を行ったお子さんでは、遺残および続発する肺動脈弁狭窄や閉鎖不全、大動脈弁閉鎖不全の程度、不整脈の性質と頻度により、学校での運動制限や生活制限が必要になってきます。主治医の指示に従って定期的な検査を受け、必要であれば薬を服用して、規則正しい無理のない生活をするようにしましょう。

※難病情報センターhttp://www.nanbyou.or.jpより、許可をいただき掲載しております。