1. HOME
  2. コフィン・ローリー症候群

こふぃん・ろーりーしょうこうぐん
コフィン・ローリー症候群Coffin‐Lowry syndrome

指定難病176

コフィン・ローリー症候群

ピックアップ・イベント

ニュース一覧

イベント一覧

この疾患に関するピックアップ記事、イベントはありません

実施中の治験/臨床試験

検索結果は見つかりませんでした。

クローリングニュース

病気・治療解説

概要

コフィン・ローリー症候群(Coffin-Lowry syndrome)は1966年Coffinらが記載した X連鎖性遺伝 性疾患です。中等度から重度の知的障害を認めます。他の症状として、特徴的顔貌、低身長、骨格変形、 先天性 心奇形などがあります。X染色体にあるRSK2 (RPS6KA3) 遺伝子の変異 が原因です。

罹患数

出生4万人に1人程度といわれていますが、未診断例も含めると実際にはもっと多い可能性があります。

疫学

男性(染色体46,XY)はX染色体を1本しかないので、基本的には男性が罹患します。乳幼児期に発達の遅れがみられます。女性 保因者 (46,XX)はX染色体が2本あるので、無症状ないしある程度の知的障害をともないます。母親がRSK2 (RPS6KA3)遺伝子の 変異 の保因者の場合、その子どもが男児であれば50%が変異のあるX染色体を引き継ぐので、罹患する可能性があります。

原因

X染色体にあるRSK2 (RPS6KA3)遺伝子の変異が原因です。神経系の機能で重要な役割をもつ遺伝子です。

遺伝

男性(染色体46,XY)はX染色体を1本しかないので、基本的には男性が罹患します。女性保因者(46,XX)はX染色体が2本あるので、無症状ないしある程度の知的障害をともないます。母親が保因者の場合、兄弟で罹患する可能性があります。男性患者の娘は保因者になりますが、息子には遺伝しません。

症状

発達・神経:乳児期に筋緊張が低く、運動発達が遅れます。歩行開始が2~3歳と遅いです。言語発達も遅れ、中等度から重度の知的障害を認めます。明るい性格ですがが、自傷行為などの行動異常を認めることがあります。この症候群に特有の症状で、「刺激誘発転倒発作」が幼児期以降の20%の患者で見られます。これは不意の触覚、音刺激、興奮刺激で誘発される発作で、驚いたようになって力が抜けて転倒しますが、意識は消失しません。この発作は脳波異常を伴わず、てんかんではありません。てんかんは5%で合併します。頭部CTやMRIでは脳室、クモ膜下腔の拡大を認めることがあります。一部の例で運動機能低下が進行する場合があります。

特徴的顔貌:コフィン・ローリー症候群児を診察した経験のある医師は、児の顔貌で診断を疑う可能性があります。目立つ前額、長い睫毛、眼間開離(両眼の間が広い)、眼瞼裂斜下(目尻がさがっている)、小顎、濃い眉、短く幅広の鼻、前向きの鼻孔、大きな口、厚い下口唇などが特徴です。加齢とともに特徴が明らかになる傾向があります。

四肢・骨格系:太く、分厚く、短いずんぐりした柔らかい手、先細りの指(もみじの葉様の手と呼ばれます)、末節骨の鍵穴様所見、小さい爪、靱帯の緩み(関節過進展)、扁平足を認めます。鳩胸などの胸郭の陥凹、胸腰椎の後彎、側彎の例があり、脊椎のレントゲン検査で変形を認めます。

成長:出生時の体格は正常範囲内ですが、生後成長障害。骨年齢遅延が見られます。通常成長ホルモンなど内分泌系検査は正常です。

循環器:僧帽弁、三尖弁、大動脈弁の異常、心筋症、原因不明の心不全、大動脈、肺動脈の拡張などの例があり、心臓エコー検査で調べる必要があります。

歯科:歯の低形成、反対咬合、隙間のあいた歯並び、大きい切歯などがみられます。歯科受診が必要です。

耳鼻咽喉科:難聴合併例は少ないでが、言語発達の遅れがあれば、聴力低下の可能性があり、聴力検査が必要です。滲出性中耳炎にも注意します。

眼科:白内障、 網膜 色素 変性 症、乳頭萎縮、眼瞼炎に注意します。眼科の診察が必要です。

その他:肛門脱、膀胱脱、小腸憩室、幽門 狭窄 、片腎、肛門位置異常、顔面色素沈着、腫瘍の合併の報告例もあります。

治療法

疾患に対する特別な治療薬はありません。早期からの療育訓練が重要です。症状・合併症に合わせた治療を行います。刺激誘発転倒発作は、てんかんではありませんが、抗てんかん薬やセロトニン再取り込み阻害剤などが有効です。転倒して頭部を打撲することがあり、保護帽が必要です。重度の場合、車いす移動を余儀なくされます。周囲の十分な注意が必要です。てんかんを発症した場合は一般的な抗てんかん薬治療を行ないます。側彎症の程度が強い場合は、コルセット装着など整形外科治療をうける必要があります。

経過

多くの患者さんは健康にすごすことができますが、先にのべたような合併症に注意が必要です。その児の発達状況に応じた、特別支援教育が必要となります。

患者さんに知って欲しいこと

多くの患者さんは健康にすごすことができますが、刺激誘発転倒発作が頻発する例では日常生活に影響がでます。なるべく驚かさないように配慮します。転倒しやすい場合は保護帽を着用するとよいでしょう。必要に応じて、車いすを利用します。進行性の脊椎変形や運動機能低下も要注意です。

※難病情報センターhttp://www.nanbyou.or.jpより、許可をいただき掲載しております。