1. HOME
  2. 胆道閉鎖症

たんどうへいさしょう
胆道閉鎖症biliary atresia

指定難病296

胆道閉鎖症

ピックアップ・イベント

ニュース一覧

イベント一覧

この疾患に関するピックアップ記事、イベントはありません

クローリングニュース

実施中の治験/臨床試験

掲載されている試験情報についてはこちら
8件の検索結果
募集状況試験名リンク先最終更新日

募集中

胆道閉鎖症の臨床経過における脂肪酸プロファイルとエイコサノドの変化およびその補正の予後に与える影響についての研究2019・05・02

募集中

小児に対して術前CT・MRI・シンチグラフィー画像による3次元再構築画像を、内視鏡など術中撮影装置にリアルタイムに追従して画像提示する手術支援システムの開発2018・09・18

募集前

胆道閉鎖症の新たな予後因子を検討する前向き観察研究2017・10・10

募集前

胆道手術の際のインドシアニングリーンを用いたナビゲーションサージャリーの有効性に関する研究2017・08・05

募集中

胆道閉鎖症全国登録事業2017・02・11

病気・治療解説

概要

胆道閉鎖症は,生まれて間もない赤ちゃんに発症する肝臓および胆管の病気です.胆汁は肝臓で作られ胆管を通って十二指腸に流れ,ここで食物と混じって栄養素の吸収を助けます(図上段).胆汁の通り道である胆管が,生まれつきまたは生後間もなく完全につまってしまい,胆汁を腸管内へ排泄できないのがこの病気の原因です.腸管内では胆汁は有効に作用しますが,肝臓内に溜ると 黄疸 を引き起こし,さらに肝臓の組織が壊され線維が溜って硬くなる「胆汁性肝硬変症」という状態になるともう治ることはありません.胆管の閉塞部位によってI(およびI cyst)、II、III型に分類され(図下段)、肝臓のすぐ外側の胆管が閉塞するIII型(図下段右端)がもっとも重症で、全体の9割近くがこの型に属します。この胆管の閉塞を解除する手術が成功すると黄疸が改善しますが,成功しないと胆汁性肝硬変さらに肝不全へと進行します.そしてこの状態になった患者さんでは肝移植が唯一の救命手段となります.

罹患数

日本ではこれまで出生10,000人に1人の発生頻度といわれてきましたが,これよりやや頻度が高いことがわかってきました.現在国内に少なくとも3,500名ほどの患者さんがいて,このうち1,500名程度が成人期に達しています.

疫学

男女比は0.6対1と女児に多く発生しています.合併奇形の頻度は他の 先天性 小児外科疾患より低く,全体で約10%程度の割合で合併がみられます.特に頻度の高い合併疾患に脾臓の異常(多脾症候群)があります.

原因

原因はいまだ不明ですが,お母さんの胎内で内臓が作られる経過中のトラブルで生じる他の先天性疾患と異なり,胎内で一度作られた胆管が,ウイルス感染やその他の何らかの原因による 炎症 で閉塞するものが多いと考えられています.

遺伝

遺伝性は明らかではありません.一般的には遺伝しない疾患と考えられますが,親子,兄弟等家族内に発生した例があり,その頻度は偶然に発生するよりやや高いため,何らかの素因が働いている可能性が考えられています.

症状

赤ちゃんの皮膚や眼球結膜(白目)の黄染(黄疸)と白っぽい色の便(灰色がかった白色,クリーム色やレモン色のこともあります),濃い黄色の尿がみられ,病気が進むとお腹の右上に肝臓が硬く触るようになります.またお腹の左上にある脾臓も徐々に大きくなり,外から触れるようになります.胆汁が腸管内へ排泄されないと,脂肪の吸収が悪くなり,これと一緒に吸収されるはずのビタミンにも欠乏が起こります.ビタミンKが欠乏すると出血しやすくなり,脳出血などを起こすこともあり,この症状で見つかる場合もあります.
この病気を早く見つけるため、現在、母子手帳に便カラーカードが挟み込まれています。このカードの色見本(1~7番)と赤ちゃんの便の色と見比べて、もし1から3番に近かったら、すぐに専門医を受診することが勧められています。

治療法

手術法には胆管の閉塞部を取り除いて胆汁の流出をはかる方法と肝臓自体を取り替える肝移植術がありますが,まず患者さんの胆汁流出をはかる方法を行うのが一般的です.この病気の胆管閉塞にはいろいろなタイプがあり,肝臓からの胆汁の出口となっている胆管(肝管)が十分開いているような場合は,これと腸管とをつなぐ手術が行われます. しかし,多くの場合には肝臓からの出口で胆管が既に閉塞していて,肝臓の外の胆管をすべて取り除き,肝臓側の断端を腸管で被うように,肝臓そのものと腸管とを 吻合 する方法(葛西手術)が行われます.腸管を用いて胆汁の流れ道を作る方法を胆道再建と呼びますが,この胆道再建方法の基本は Roux-en Y型空腸吻合術(図左)という方法です.一部の施設では,手術後肝臓の中の胆管に細菌感染が生じることによる胆管炎という合併症を防ぐ目的で,腸内容が肝臓方向への逆流を防ぐための弁を同時に作成する手術(図右)が行われています。

経過

わが国の主な小児外科専門施設の最近の成績を総合すると,手術を受けた患者さんの約60%が術後1年目で肝移植を行うことなく黄疸なく生存しています.手術により良好な胆汁排泄が得られ,肝臓の病変の進行が食い止められれば,その後の正常と変わらない生活ができますが,手術後きわめて長期間を経過したあとでの合併症出現もありますので,定期的な通院によるチェックが必要です.一方で手術後も黄疸がなくならない場合や黄疸がなくなっても肝臓が徐々に硬くなるような場合には,やがて肝硬変となり,さらに肝不全に進みます.このような場合は腹水が溜ったり,栄養状態が悪くなって成長できなくなったりしますので,現段階では肝臓移植以外には治療の方法がありません.成人に達するまでの間に半数程度の患者さんで肝移植が必要となります.

患者さんに知って欲しいこと

手術後長い期間にわたって気をつけなければならない主な合併症として,肝臓の中の胆管に細菌感染が生じることによる胆管炎と肝臓に線維が溜まって硬くなり血液の流れが滞って生じる門脈圧 亢進 症があります.門脈圧亢進症には肝臓を迂回した血液が食道の壁内を通るため生じる食道静脈瘤と脾臓が腫れて血液の成分,とくに血小板が壊され出血が止まりにくくなる脾機能亢進症などがあります.それぞれ重症な場合には個別に治療が行われます.これら以外にも、肝内結石症や,まれながら肝がんなどの発生も知られていますので、生涯に渡って定期通院を行うことが勧められます.

※ 難病情報センター(http://www.nanbyou.or.jp/)より、許可をいただき掲載しております。