1. HOME
  2. アトピー性脊髄炎

あとぴーせいせきずいえん
アトピー性脊髄炎atopic myelitis

指定難病116

アトピー性脊髄炎

ピックアップ・イベント

ニュース一覧

イベント一覧

この疾患に関するピックアップ記事、イベントはありません

実施中の治験/臨床試験

検索結果は見つかりませんでした。

クローリングニュース

病気・治療解説

概要

アトピー性脊髄炎とは、アトピー性皮膚炎、気管支ぜんそく、アレルギー性鼻炎・結膜炎などのアトピー素因を持つ患者さんに、まれにみられる病気です。

罹患数

2007年の全国調査では、我が国で約1000人の患者さんがいると推定されています。男性に多く、平均発症年齢は35歳と比較的若い方が多いのも特徴の一つです。

疫学

この病気は、比較的若い男性に多く、アトピー性皮膚炎を伴っている患者さんが43%、ついで気管支ぜんそくを伴う患者さんの割合が30%です。

原因

アレルギー体質の患者さんに発症する病気であることから、アレルギーとなんらかの関係があることが推定されていますが、詳しい原因は不明です。
最近、アトピー性脊髄炎で痛みやジンジン感が強い人の一部は、後根神経節の痛覚神経に対する 自己抗体 (抗プレキシンD1抗体)を持っていることがわかりました。

遺伝

この病気自体が両親から遺伝することはないと考えられています。患者さんの一部ではHLAという遺伝子の種類に特徴があるとも言われており、病気との関連性が疑われています。

症状

患者さんが持っているアレルギー性疾患(気管支ぜんそくやアトピー性皮膚炎)が悪くなった後に、手足のじんじん感、知覚低下、動かしにくさなどで発病します。患者さんの一部では、おしっこの出にくさなどが出現することもあります。

治療法

副腎皮質ステロイド剤の点滴治療や内服治療、 免疫グロブリン と呼ばれる血液製剤による治療、 血漿 交換という血液をろ過するような治療法が主に行われ、それぞれ72%、60%、90%で有効と考えられています。ステロイド治療に反応しない場合は 血漿 交換が有効と考えられておりますが、それぞれの治療には副作用がありますので、治療法の選択は慎重に行う必要があります。
なお抗プレキシンD1抗体をもつ方では血漿交換で除去することにより痛みが軽減することが報告されています。

経過

初発症状は手足のしびれ感など軽微なことが多く、日常生活に支障をきたすことはありません。病気が進行すると、しびれ感の悪化、痛みの出現、手足のまひ、歩きにくさ、おしっこの出にくさなど、多様な症状が出現することがあります。さらに発症から年月を経ると、上記の症状が重症化し、車椅子が必要になることもありますが、そこまで重症になる患者さんは比較的まれであることもわかっています。

患者さんに知って欲しいこと

アレルギー性疾患の患者さんに発症しやすいことがわかっておりますので、日頃からアレルギー性疾患の治療をきちんと行うことが重要です。また、発症早期に治療開始することで病気の進行を抑えられる可能性があるので、この病気を疑ったときは神経内科の受診をお勧めします。
※難病情報センターhttp://www.nanbyou.or.jpより、許可をいただき掲載しております。