1. HOME
  2. 那須ハコラ病

なす・はこらびょう
那須ハコラ病Nasu-Hakola disease

指定難病174

他に、那須・ハコラ病もあります。

那須ハコラ病

ピックアップ・イベント

ニュース一覧

イベント一覧

この疾患に関するピックアップ記事、イベントはありません

実施中の治験/臨床試験

検索結果は見つかりませんでした。

クローリングニュース

病気・治療解説

概要

那須・ハコラ病は1970年代に、信州大学の那須毅博士とフィンランドKuopio(クオピオ)大学のPanu Hakola博士により、ほぼ同時に発見された骨と脳の病気です。発見者の連名が病名になっています。骨には 嚢胞 (のうほう)と呼ばれる空洞の構造がたくさん出来て、骨折しやすくなります。脳は大脳の白質(はくしつ)と呼ばれる場所が 変性 (へんせい)を起こしてもろくなり、正常な脳の活動が妨げられるようになります。

罹患数

平成21年度に研究班が全国の神経内科・精神神経科・整形外科4071施設を対象に施行したアンケート調査の結果より、日本では約200人と推定されています。

疫学

患者さんは日本と北欧に集積していますが、世界中に広く分布しています。成人期以降に発症するため、小児の患者さんは報告されていません。

原因

脳や骨の働きに重要なDAP12(TYROBP)遺伝子またはTREM2 遺伝子の変異 (へんい)が原因となり、発病します。

遺伝

遺伝子の異常が原因となるため遺伝します。 常染色体劣性遺伝 (じょうせんしょくたいれっせいいでん)と呼ばれる遺伝形式を示すため、患者さんのご両親やご子息は発病しませんが、ご兄弟には同じ病気が見られることはあります。

症状

骨の症状としては、頻発する骨折や骨の痛みです。ささいな外傷でも手足を骨折しやすい特徴があります。脳の症状としては、人格の変化、精神の変調やてんかん発作が見られ、進行すると認知症を発症します。

治療法

病気自体には有効な治療法はありませんが、骨折に対しては整形外科的治療、精神症状に対しては精神神経科の薬の投与、てんかん発作に対してはてんかんの薬の投与がなされています。

経過

20歳頃までは無症状で、普通に生活出来ます。20歳代頃から骨折を繰り返し、30歳代頃から精神神経症状が見られ、40歳代頃から認知症を発症し寝たきり状態となり、全面的な介護が必要となります。このように年余にわたり、進行性の経過を示します。

患者さんに知って欲しいこと

室内では障害物を取り除き、転倒しないように心がけてください。脳の症状として、善悪の判断が出来なくなることもありますので、ご家族の方は注意深く見守ってください。進行して寝たきり状態になった場合は、床ずれが出来ないように十分注意してください。

※難病情報センターhttp://www.nanbyou.or.jpより、許可をいただき掲載しております。