RareS. | 介護者いらずの透明文字盤 ”OriHime eye” 無償モニター募集開始

HOME > レアズニュース > 介護者いらずの透明文字盤 ”OriHime eye” 無償モニター募集開始

介護者いらずの透明文字盤 ”OriHime eye” 無償モニター募集開始

タグ:その他
2017年10月26日
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE


株式会社オリィ研究所(本社 東京都三鷹市、代表取締役 吉藤健太朗)は、デジタル透明文字盤 「OriHime eye」の改良のための無償モニターを募集する。 対象者は病名、症状や生活環境など別に10名前後を募集し、期間は基本90日間となる。 株式会社オリィ研究所(本社 東京都三鷹市、代表取締役 吉藤健太朗)は、デジタル透明文字盤 「O ・・・

RareS.コメント

筋委縮性側索硬化症(ALS)や脊髄性筋委縮症(SMA)など、身体機能に支障が生じ、発話や、筆談がほぼ不可能だが視線は動かすことができる方を対象に、株式会社オリィ研究所が、デジタル透明文字盤 「OriHime eye」の改良のための無償モニターを募集しているそうです。

“「OriHime eye」とは、難病患者と周囲の人との意思伝達に使われている”透明文字盤”を自動化し、手足が動かせない状態まで症状が進行した人でも簡単に文字入力、発話ができる意思伝達装置である。 今年夏に実装された新機能として、Windowsのマウス操作が可能となり、ペイントやワード、ブラウジングなどを行う事も出来るようになった。“とのこと。

ご興味のある方は、募集条件や応募方法などが記載されておりましたので、リンク先をご確認ください。


続きはこちら

引用元:
タグ:その他

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations

    記事はありません。


アクセスランキングAccess Ranking