RareS. | 「○○な障がい者の会」表彰 佐賀市の団体九州で唯一 ラジオで情報発信、バスの乗降教室も 内田会長「誰もが暮らしやすい街に」 [佐賀県]

HOME > レアズニュース > 「○○な障がい者の会」表彰 佐賀市の団体九州で唯一 ラジオで情報発信、バスの乗降教室も 内田会長「誰もが暮らしやすい街に」 [佐賀県]

「○○な障がい者の会」表彰 佐賀市の団体九州で唯一 ラジオで情報発信、バスの乗降教室も 内田会長「誰もが暮らしやすい街に」 [佐賀県]

タグ:軟骨無形成症
2017年11月14日
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE


障害者の暮らしやすい街づくりを考える佐賀市の市民団体「○○(まるまる)な障がい者の会」が、優れた社会奉仕活動に取り組む企業・団体を表彰する「ユニバーサルマナーアワード2017」を受賞した。ラジオによる情報発信や車いす利用者にバスの乗降方法を教える活動が評価された。会長の内田勝也さん(28)は「佐・・・

RareS.コメント

障害者の暮らしやすい街づくりを考える佐賀市の市民団体「○○(まるまる)な障がい者の会」が、優れた社会奉仕活動に取り組む企業・団体を表彰する「ユニバーサルマナーアワード2017」を受賞した。

高齢者や障害者にやさしい取り組みを表彰しているユニバーサルマナーアワード2017で、表彰された佐賀市の市民団体「○○(まるまる)な障がい者の会」の活動が紹介されています。 今回、「○○(まるまる)な障がい者の会」が受賞したのは障害者や高齢者等の声が計画段階から反映され、実効性の高い取り組みが選ばれるインクルージョン部門。骨形成不全症のため電動車いすで生活をされている方など障害者12名で市内のバリアフリー化に向けて活動をされているそう。 メンバーの内田さんは「病気や障害を悔やむのではなく、私たちの目線で気付くことを社会に伝え、誰もが暮らしやすい佐賀を目指したい」とコメントされています。 当事者でなければ気付けないことは沢山あります。患者さんの声が社会に届き、誰もがらしく生きられる社会に近づいていくことを期待します。

【骨形成不全症】

骨形成不全症とは、生まれつき骨が脆く、骨折しやすく、骨折の治癒の過程で骨の変形を起こしてしまう病気です。約9割の患者さんで、結合組織の主要な成分であるⅠ型コラーゲンの遺伝子変異がみられ、そのコラーゲンの異常の程度によって重症度が異なります。2万に1人の割合で生まれるとされており、本邦での患者数は推定で約6,000人とされています。


続きはこちら

引用元:
タグ:軟骨無形成症

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking