RareS. | 難病患者 憩いのカフェ 病抱えた「マスター」もてなす 気軽に対話、交流も NPO企画 /東京

HOME > レアズニュース > 難病患者 憩いのカフェ 病抱えた「マスター」もてなす 気軽に対話、交流も NPO企画 /東京

難病患者 憩いのカフェ 病抱えた「マスター」もてなす 気軽に対話、交流も NPO企画 /東京

タグ:その他
2017年12月13日
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE


治らない病気を抱える人たちを支えるNPO法人「日本慢性疾患セルフマネジメント協会」(港区)が、難病やがんを抱える患者たちの交流会「やむやむカフェ」を都内で開いている。防災や食事など暮らしに密着したテーマを盛り込み、患者が楽しみながら安心して過ごせる場を提供している。  同協会は2005年、米スタンフ・・・

RareS.コメント

難病患者さん同士が、その病気の種類にとらわれずにお話しできる場所をつくる「難病カフェ」という取り組みが全国で広がっています。 こちらの記事では、日本慢性疾患セルフマネジメント協会が、難病やがんの患者さんたちのために開催している「やむやむカフェ」が紹介されています。 病気のことだけではなく、就職のこと、恋愛のこと、災害時の対処法や、日々の食事のことなど普段の生活の工夫や知恵を気軽に話せる場所として、深刻な話題になることもあるけれど参加者の皆さんはみんな笑顔で話しているといいます。

患者会などのグループに参加していない方でも、気軽に話ができる場所、話を聞ける場所として難病カフェがあります。 全国の難病カフェがどこでいつ開催されているのかなど、気軽に探せるまとめサイトがあるといいのですが。RareS.(レアズ)がその場所になれるように整備して行きたいと思います。


続きはこちら

引用元:
タグ:その他

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations

    記事はありません。


アクセスランキングAccess Ranking