RareS. | 治療歴のあるBRCA1/2遺伝子変異陽性進行性転移性膵がんに対するPARP阻害薬ルカパリブ、客観的奏効率(ORR)15.8%を示す - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 治療歴のあるBRCA1/2遺伝子変異陽性進行性転移性膵がんに対するPARP阻害薬ルカパリブ、客観的奏効率(ORR)15.8%を示す - がん情報サイト「オンコロ」

治療歴のあるBRCA1/2遺伝子変異陽性進行性転移性膵がんに対するPARP阻害薬ルカパリブ、客観的奏効率(ORR)15.8%を示す - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:膵臓がん
2018年06月01日 16時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

治療歴のあるBRCA1/2遺伝子変異陽性進行性転移性膵がんに対するPARP阻害薬ルカパリブ、客観的奏効率(ORR)15.8%を示す - がん情報サイト「オンコロ」


2018年5月16日、医学誌『 JCO Precision Oncology』にて治療歴のあるBRCA1/2遺伝子変異陽性局所進行性または転移性膵がん患者に対するポリ(ADP-リボース)ポリメラーゼ(PARP)阻害剤であるルカパリブ単剤療法の有効性を検証した第II相のRUCAPANC ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:膵臓がん

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking