RareS. | 進行性非小細胞肺がん患者に対する三次治療以降としての抗VEGF薬Fruquintinib、無増悪生存期間(PFS)を統計学的有意に延長する - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 進行性非小細胞肺がん患者に対する三次治療以降としての抗VEGF薬Fruquintinib、無増悪生存期間(PFS)を統計学的有意に延長する - がん情報サイト「オンコロ」

進行性非小細胞肺がん患者に対する三次治療以降としての抗VEGF薬Fruquintinib、無増悪生存期間(PFS)を統計学的有意に延長する - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:肺がん
2018年04月05日 14時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

進行性非小細胞肺がん患者に対する三次治療以降としての抗VEGF薬Fruquintinib、無増悪生存期間(PFS)を統計学的有意に延長する - がん情報サイト「オンコロ」


2018年3月12日、医学誌『Journal of Clinical Oncology』にて2レジメンの治療歴のある進行性非小細胞肺がん患者に対する抗VEGF薬であるFruquintinib(HMPL-013)単剤療法のプラセボに対する有効性を検証した第II相試験(NCT02590965)の結果がShanghai Lung Cancer Center・Shun Lu氏らにより公 ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:肺がん

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking