RareS. | 東大 「フェニルブチレート」がPFICのかゆみに有効であることを世界で初めて発見 - QLifePro医療ニュース

HOME > ニュース一覧 > 東大 「フェニルブチレート」がPFICのかゆみに有効であることを世界で初めて発見 - QLifePro医療ニュース

東大 「フェニルブチレート」がPFICのかゆみに有効であることを世界で初めて発見 - QLifePro医療ニュース

タグ:尿素サイクル異常症
2014年07月28日 18時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

東大 「フェニルブチレート」がPFICのかゆみに有効であることを世界で初めて発見 - QLifePro医療ニュース


東京大学は7月15日、同大大学院薬学系研究科の林久允助教らが、子どもの進行性家族性肝内胆汁うっ滞症(PFIC)を原因とするかゆみに対して、尿素サイクル異常症の治療薬である「フェニルブチレート」が改善効果を示すことが発見したと発表した。 画像はプレスリリースより.


続きはこちら

引用元:QLifePro医療ニュース
タグ:尿素サイクル異常症

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking