RareS. | ドラマ『フラジャイル』で考える患者の“知らない権利”~正確な病理診断が残酷な結果を伝えることも - ヘルスプレス

HOME > ニュース一覧 > ドラマ『フラジャイル』で考える患者の“知らない権利”~正確な病理診断が残酷な結果を伝えることも - ヘルスプレス

ドラマ『フラジャイル』で考える患者の“知らない権利”~正確な病理診断が残酷な結果を伝えることも - ヘルスプレス

タグ:デスモイド腫瘍
2016年02月12日 12時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

ドラマ『フラジャイル』で考える患者の“知らない権利”~正確な病理診断が残酷な結果を伝えることも - ヘルスプレス


ガードナー症候群では、がんにつながる無数のポリープができるだけでなく、腹壁や腸間膜に「デスモイド腫瘍」という浸潤性の良性腫瘍が発生する。デスモイド腫瘍は良性なので転移はしないが、浸潤性を示すため、取り切るのが難しい。 「このデスモイド腫瘍は、妊娠による腹壁 ...


続きはこちら

引用元:ヘルスプレス
タグ:デスモイド腫瘍

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking