RareS. | 骨髄微小環境を制御する新手法で、白血病マウスの生存期間延長-京大 - QLifePro医療ニュース

HOME > ニュース一覧 > 骨髄微小環境を制御する新手法で、白血病マウスの生存期間延長-京大 - QLifePro医療ニュース

骨髄微小環境を制御する新手法で、白血病マウスの生存期間延長-京大 - QLifePro医療ニュース

タグ:急性骨髄性白血病
2018年04月10日 12時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

骨髄微小環境を制御する新手法で、白血病マウスの生存期間延長-京大 - QLifePro医療ニュース


その結果、Chb-Mʼで前処置したマウスでは、大腿骨の白血病細胞比率が有意に減少したという。これは、大腿骨(骨髄ニッチ)に白血病細胞が潜むことが抑制されたことを示しているとしている。 また、免疫不全マウスに2週間RUNX阻害剤を投与し、ヒト難治性急性骨髄性白血病細胞を移植し、7日後生着を確認した後 ...


続きはこちら

引用元:QLifePro医療ニュース
タグ:急性骨髄性白血病

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking