RareS. | 難病患者向け意思伝達装置開発 今春販売 - 茨城新聞

HOME > ニュース一覧 > 難病患者向け意思伝達装置開発 今春販売 - 茨城新聞

難病患者向け意思伝達装置開発 今春販売 - 茨城新聞

タグ:筋萎縮性側索硬化症
2018年02月02日 08時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

難病患者向け意思伝達装置開発 今春販売 - 茨城新聞


ロボットスーツ「HAL(ハル)」を製造・販売するサイバーダイン(つくば市、山海嘉之社長)は、会話や身体動作が著しく困難な筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの難病患者向けに、意思伝達や機器操作を可能にする装置「Cyin(サイン)」を開発した。医療機器として治療に使用されているHAL医療用下肢タイプで培った技術を ...


続きはこちら

引用元:茨城新聞
タグ:筋萎縮性側索硬化症

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking