RareS. | 武田薬品、CD30陽性皮膚T細胞リンパ腫の治療薬としてのアドセトリス(ブレンツキシマブ・ベドチン)に対する肯定的見解をCHMPより取得 - QLifePro医療ニュース

HOME > ニュース一覧 > 武田薬品、CD30陽性皮膚T細胞リンパ腫の治療薬としてのアドセトリス(ブレンツキシマブ・ベドチン)に対する肯定的見解をCHMPより取得 - QLifePro医療ニュース

武田薬品、CD30陽性皮膚T細胞リンパ腫の治療薬としてのアドセトリス(ブレンツキシマブ・ベドチン)に対する肯定的見解をCHMPより取得 - QLifePro医療ニュース

タグ:進行性多巣性白質脳症
2017年11月17日 11時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

武田薬品、CD30陽性皮膚T細胞リンパ腫の治療薬としてのアドセトリス(ブレンツキシマブ・ベドチン)に対する肯定的見解をCHMPより取得 - QLifePro医療ニュース


進行性多巣性白質脳症(PML):アドセトリスによる治療を受けた患者で、PMLおよび死亡をもたらすジョン・カニンガム・ウイルス(JCV)の再活性化が起こることがあります。複数の化学療法レジメンを受けた後にアドセトリスを投与された患者でPMLが報告されています。


続きはこちら

引用元:QLifePro医療ニュース
タグ:進行性多巣性白質脳症

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking