RareS. | 下肢装着型補助ロボットによる治療実用化で再委託研究開発契約を締結 - @IT MONOist

HOME > ニュース一覧 > 下肢装着型補助ロボットによる治療実用化で再委託研究開発契約を締結 - @IT MONOist

下肢装着型補助ロボットによる治療実用化で再委託研究開発契約を締結 - @IT MONOist

タグ:遠位型ミオパチー
2017年08月29日 15時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

下肢装着型補助ロボットによる治療実用化で再委託研究開発契約を締結 - @IT MONOist


対象となる疾患は、脊髄性筋萎縮症/球脊髄性筋萎縮症/筋萎縮性側索硬化症/シャルコー・マリー・トゥース病/遠位型ミオパチー/封入体筋炎/先天性ミオパチー/筋ジストロフィーの8疾患となる。 本契約は日本医療研究開発機構(AMED)の難治性疾患実用化研究事業 ...


続きはこちら

引用元:@IT MONOist
タグ:遠位型ミオパチー

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking