RareS. | 急性骨髄性白血病(AML)患者に対する次世代シークエンシング(NGS)結果に基づいた治療変更の有用性 - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 急性骨髄性白血病(AML)患者に対する次世代シークエンシング(NGS)結果に基づいた治療変更の有用性 - がん情報サイト「オンコロ」

急性骨髄性白血病(AML)患者に対する次世代シークエンシング(NGS)結果に基づいた治療変更の有用性 - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:急性骨髄性白血病
2018年06月27日 14時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

急性骨髄性白血病(AML)患者に対する次世代シークエンシング(NGS)結果に基づいた治療変更の有用性 - がん情報サイト「オンコロ」


2018年6月1日より5日までアメリカ合衆国・イリノイ州・シカゴで開催された米国臨床腫瘍学会(ASCO 2018)にて、急性骨髄性白血病患者に対して関連遺伝子変異を同定する次世代シークエンシング(NGS)の結果に基づいた治療選択の有用性の結果がThe University of ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:急性骨髄性白血病

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking