RareS. | アンドロゲン受容体バリアント7(AR-V7)は転移性去勢抵抗性前立腺がん(CRPC)の効果予測因子になる可能性が示唆される - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > アンドロゲン受容体バリアント7(AR-V7)は転移性去勢抵抗性前立腺がん(CRPC)の効果予測因子になる可能性が示唆される - がん情報サイト「オンコロ」

アンドロゲン受容体バリアント7(AR-V7)は転移性去勢抵抗性前立腺がん(CRPC)の効果予測因子になる可能性が示唆される - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:前立腺がん
2018年07月09日 18時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

アンドロゲン受容体バリアント7(AR-V7)は転移性去勢抵抗性前立腺がん(CRPC)の効果予測因子になる可能性が示唆される - がん情報サイト「オンコロ」


2018年6月28日、医学誌『JAMA Oncology』にて転移性去勢抵抗性前立腺がん(CRPC)における効果予測因子としての血中循環腫瘍細胞におけるアンドロゲン受容体バリアント7(AR-V7;以下AR-V7)の有効性を検証した試験の結果が Memorial Sloan Kettering Cancer ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:前立腺がん

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking