RareS. | 複数治療歴のある再発難治性多発性骨髄腫に対する選択的核外輸送タンパク質阻害剤(SINE)であるSelinexor+デキサメタゾン併用療法、主要評価項目である全奏効率 ... - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 複数治療歴のある再発難治性多発性骨髄腫に対する選択的核外輸送タンパク質阻害剤(SINE)であるSelinexor+デキサメタゾン併用療法、主要評価項目である全奏効率 ... - がん情報サイト「オンコロ」

複数治療歴のある再発難治性多発性骨髄腫に対する選択的核外輸送タンパク質阻害剤(SINE)であるSelinexor+デキサメタゾン併用療法、主要評価項目である全奏効率 ... - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:多発性骨髄腫
2018年05月08日 18時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

複数治療歴のある再発難治性多発性骨髄腫に対する選択的核外輸送タンパク質阻害剤(SINE)であるSelinexor+デキサメタゾン併用療法、主要評価項目である全奏効率 ... - がん情報サイト「オンコロ」


2018年4月30日、カリオファーム・セラピューティクス社のプレスリリースにて複数治療歴のある再発難治性多発性骨髄腫患者に対する経口の選択的核外輸送タンパク質阻害剤(SINE)であるSelinexor+デキサメタゾン併用療法の有効性、安全性を検証した第II相のSTORM試験(NCT02336815)の結果、主要評価項目で ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:多発性骨髄腫

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking