RareS. | がん治療に伴う有害事象の患者自己評価システム「PRO-CTCAE」は放射線治療後の毒性評価にも利用価値が大きい - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > がん治療に伴う有害事象の患者自己評価システム「PRO-CTCAE」は放射線治療後の毒性評価にも利用価値が大きい - がん情報サイト「オンコロ」

がん治療に伴う有害事象の患者自己評価システム「PRO-CTCAE」は放射線治療後の毒性評価にも利用価値が大きい - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:眼腫瘍
2018年09月06日 10時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

がん治療に伴う有害事象の患者自己評価システム「PRO-CTCAE」は放射線治療後の毒性評価にも利用価値が大きい - がん情報サイト「オンコロ」


... または特徴に応じた表現の最適化といった詳細の整備が必要であるが、放射線照射の解剖学的7部位別に毒性症状を評価するPRO-CTCAE は、薬剤によるがん治療の毒性評価とともに臨床試験における安全性情報として高い有用性が期待された。なお、UCLAの放射線腫瘍 ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:眼腫瘍

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking