RareS. | iPS細胞の誕生 「残り物」から世紀の発見 永遠の師匠と一番弟子 /四国 - 毎日新聞

HOME > ニュース一覧 > iPS細胞の誕生 「残り物」から世紀の発見 永遠の師匠と一番弟子 /四国 - 毎日新聞

iPS細胞の誕生 「残り物」から世紀の発見 永遠の師匠と一番弟子 /四国 - 毎日新聞

タグ:パーキンソン病
2018年05月09日 16時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

iPS細胞の誕生 「残り物」から世紀の発見 永遠の師匠と一番弟子 /四国 - 毎日新聞


iPS細胞(人工多能性幹細胞)は、病気やけがで失われた体の働きを人工的に補う再生医療への応用が期待されている。理化学研究所のチームは網膜の細胞を目の病気の患者に移植する臨床研究を実施。心筋シートを用いた重症心不全患者の治療やパーキンソン病患者の治療計画も進む。 再生医療には大 ...


続きはこちら

引用元:毎日新聞
タグ:パーキンソン病

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking