RareS. | 脂質異常症が自己免疫疾患を増悪させる仕組み - 日経メディカル

HOME > ニュース一覧 > 脂質異常症が自己免疫疾患を増悪させる仕組み - 日経メディカル

脂質異常症が自己免疫疾患を増悪させる仕組み - 日経メディカル

タグ:全身性エリテマトーデス
2018年06月05日 00時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

脂質異常症が自己免疫疾患を増悪させる仕組み - 日経メディカル


全身性エリテマトーデス(SLE)や関節リウマチ患者では、動脈硬化の頻度が高いこと、スタチンによる治療でSLEなどの自己免疫疾患が改善することが古くから知られています(自分は今回初めて知ったのですが……)。ところが、自己免疫疾患と動脈硬化・脂質異常症との関係の ...


続きはこちら

引用元:日経メディカル
タグ:全身性エリテマトーデス

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking