RareS. | 大きな苦しみや悲しみにあったとき、どう生きるか。ALSの診断を受けた物理学者が残した言葉 - cafeglobe

HOME > ニュース一覧 > 大きな苦しみや悲しみにあったとき、どう生きるか。ALSの診断を受けた物理学者が残した言葉 - cafeglobe

大きな苦しみや悲しみにあったとき、どう生きるか。ALSの診断を受けた物理学者が残した言葉 - cafeglobe

タグ:筋萎縮性側索硬化症
2018年11月05日 05時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

大きな苦しみや悲しみにあったとき、どう生きるか。ALSの診断を受けた物理学者が残した言葉 - cafeglobe


ホーキング未来を拓く101の言葉』 では、天才理論物理学者スティーヴン・ホーキングの教えについて、多方面からまとめています。 ホーキングといえば、天才であると同時に、21歳の若さでALS(筋萎縮性側索硬化症)の診断を受けたことでも広く知られています。病に屈すること ...


続きはこちら

引用元:cafeglobe
タグ:筋萎縮性側索硬化症

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking