RareS. | がん治療: 急性骨髄性白血病で獲得抵抗性が生じる機構 - Nature Asia

HOME > ニュース一覧 > がん治療: 急性骨髄性白血病で獲得抵抗性が生じる機構 - Nature Asia

がん治療: 急性骨髄性白血病で獲得抵抗性が生じる機構 - Nature Asia

タグ:急性骨髄性白血病
2018年07月05日 11時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE


IDH1酵素とIDH2酵素の変異は、がん代謝物である2-ヒドロキシグルタル酸の産生につながり、近年では臨床においてIDH阻害剤による治療標的とされてきた。今回R Levineたちは、ヘテロ接合性IDH2変異に起因する急性骨髄性白血病患者2人で生じた抵抗性の新たな機構 ...


続きはこちら

引用元:Nature Asia
タグ:急性骨髄性白血病

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking