RareS. | 4歳女児を“殺した”日本の医療 小児に危険な機器使用を強いる厚労省の怠慢 - Business Journal

HOME > ニュース一覧 > 4歳女児を“殺した”日本の医療 小児に危険な機器使用を強いる厚労省の怠慢 - Business Journal

4歳女児を“殺した”日本の医療 小児に危険な機器使用を強いる厚労省の怠慢 - Business Journal

タグ:特発性拡張型心筋症
2015年04月03日 08時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

4歳女児を“殺した”日本の医療 小児に危険な機器使用を強いる厚労省の怠慢 - Business Journal


今年1月、4歳の女の子が脳死し、その肺や肝臓、腎臓が各地で移植を待つ患者のもとに届けられ、移植手術が行われました。実は、この女の子は「特発性拡張型心筋症」という心臓の病気で、彼女自身、心臓の移植を待つ身で、家族は移植の準備を進めて米テキサスの病院で ...


続きはこちら

引用元:Business Journal
タグ:特発性拡張型心筋症

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking