RareS. | 小児病「ファンコニ貧血」の治療にはALDH2の活性が有効の可能性 - 京大 - マイナビニュース

HOME > ニュース一覧 > 小児病「ファンコニ貧血」の治療にはALDH2の活性が有効の可能性 - 京大 - マイナビニュース

小児病「ファンコニ貧血」の治療にはALDH2の活性が有効の可能性 - 京大 - マイナビニュース

タグ:ファンコニ貧血
2013年09月18日 18時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

小児病「ファンコニ貧血」の治療にはALDH2の活性が有効の可能性 - 京大 - マイナビニュース


京都大学は9月13日、東海大学医学部附属病院、九州大学(九大)との共同研究により、遺伝性難病の「ファンコニ貧血」とアルデヒド分解酵素遺伝子「ALDH2」の関係について解析し、この疾患の病態の本質を強く示唆する結果を得たと発表した。 成果は、京大 放射線生物研究 ...


続きはこちら

引用元:マイナビニュース
タグ:ファンコニ貧血

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking