RareS. | 再発難治性B細胞性非ホジキンリンパ腫患者に対するエピジェネティック関連酵素であるEZH2阻害剤Tazemetostat、客観的奏効率(ORR)は38%を示す - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 再発難治性B細胞性非ホジキンリンパ腫患者に対するエピジェネティック関連酵素であるEZH2阻害剤Tazemetostat、客観的奏効率(ORR)は38%を示す - がん情報サイト「オンコロ」

再発難治性B細胞性非ホジキンリンパ腫患者に対するエピジェネティック関連酵素であるEZH2阻害剤Tazemetostat、客観的奏効率(ORR)は38%を示す - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:ホジキンリンパ腫
2018年04月10日 18時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

再発難治性B細胞性非ホジキンリンパ腫患者に対するエピジェネティック関連酵素であるEZH2阻害剤Tazemetostat、客観的奏効率(ORR)は38%を示す - がん情報サイト「オンコロ」


治療歴はB細胞性非ホジキンリンパ腫患者群で0レジメン0%、1レジメン10%(N=2人)、2レジメン5%(N=1人)、3レジメン38%(N=8人)、4レジメン14%(N=3人)、5レジメン以上33%(N=7人)、固形がん患者群で0レジメン14%(N=6人)、1レジメン14%(N=6人)、2レジメン16%(N=7人)、3レジメン14%(N=6人)、4レジメン7%(N=3人)、5レジメン ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:ホジキンリンパ腫

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking