RareS. | 意思でPCを操作するデモに説得力、バイオ-メディカル・インターフェース技術 - 日経xTECH

HOME > ニュース一覧 > 意思でPCを操作するデモに説得力、バイオ-メディカル・インターフェース技術 - 日経xTECH

意思でPCを操作するデモに説得力、バイオ-メディカル・インターフェース技術 - 日経xTECH

タグ:パーキンソン病
2018年06月25日 08時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

意思でPCを操作するデモに説得力、バイオ-メディカル・インターフェース技術 - 日経xTECH


生体計測・刺激のアプローチは、2つに大別することができる。1つは、生体にデバイスの一部もしくは全部を埋植する侵襲的な手法である。動物での脳科学などの研究用、および心臓ペースメーカーやパーキンソン病患者のための脳深部刺激(DBS)など、代替手法の存在しない ...


続きはこちら

引用元:日経xTECH
タグ:パーキンソン病

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking