RareS. | 腫瘍の遺伝子変異量(TMB)は進展型小細胞肺がん患者に対するオプジーボ単剤療法、オプジーボ+ヤーボイ併用療法の効果予測因子になり得る - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 腫瘍の遺伝子変異量(TMB)は進展型小細胞肺がん患者に対するオプジーボ単剤療法、オプジーボ+ヤーボイ併用療法の効果予測因子になり得る - がん情報サイト「オンコロ」

腫瘍の遺伝子変異量(TMB)は進展型小細胞肺がん患者に対するオプジーボ単剤療法、オプジーボ+ヤーボイ併用療法の効果予測因子になり得る - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:肺がん
2018年05月22日 10時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

腫瘍の遺伝子変異量(TMB)は進展型小細胞肺がん患者に対するオプジーボ単剤療法、オプジーボ+ヤーボイ併用療法の効果予測因子になり得る - がん情報サイト「オンコロ」


2018年5月3日、医学誌『Cancer Cell』にて治療歴のある進展型小細胞肺がん患者に対する抗PD-1抗体薬であるニボルマブ(商品名オプジーボ;以下オプジーボ)単剤療法、またはオプジーボ+抗CTL-4抗体薬であるイピリムマブ(商品名ヤーボイ;ヤーボイ)併用療法の有効性と ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:肺がん

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking