RareS. | 複数治療歴のある局所進行性または転移性大腸がん患者に対する抗PD-L1抗体薬テセントリク+MEK阻害薬コビメチニブ併用療法、スチバーガ単剤療法に比べて全生存 ... - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 複数治療歴のある局所進行性または転移性大腸がん患者に対する抗PD-L1抗体薬テセントリク+MEK阻害薬コビメチニブ併用療法、スチバーガ単剤療法に比べて全生存 ... - がん情報サイト「オンコロ」

複数治療歴のある局所進行性または転移性大腸がん患者に対する抗PD-L1抗体薬テセントリク+MEK阻害薬コビメチニブ併用療法、スチバーガ単剤療法に比べて全生存 ... - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:大腸がん
2018年06月25日 14時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

複数治療歴のある局所進行性または転移性大腸がん患者に対する抗PD-L1抗体薬テセントリク+MEK阻害薬コビメチニブ併用療法、スチバーガ単剤療法に比べて全生存 ... - がん情報サイト「オンコロ」


2018年6月20日より23日までスペインン・バルセロナで開催された第20回世界消化器癌学会(WCGC2018)にて、複数治療歴のある局所進行性または転移性大腸がん患者に対する抗PD-L1抗体薬であるアテゾリズマブ(商品名テセントリク;以下テセントリク)+MEK阻害薬で ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:大腸がん

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking