RareS. | 術後の感染症で「心内膜炎」と腎臓壊死 損賠求め歯科医師が順天堂大を提訴 - 産経ニュース

HOME > ニュース一覧 > 術後の感染症で「心内膜炎」と腎臓壊死 損賠求め歯科医師が順天堂大を提訴 - 産経ニュース

術後の感染症で「心内膜炎」と腎臓壊死 損賠求め歯科医師が順天堂大を提訴 - 産経ニュース

タグ:後縦靱帯骨化症
2018年07月09日 17時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

術後の感染症で「心内膜炎」と腎臓壊死 損賠求め歯科医師が順天堂大を提訴 - 産経ニュース


訴状などによると、男性は平成28年7月、同院で頸椎(けいつい)の難病「後縦靱帯骨化症(こうじゅうじんたいこっかしょう)」と診断され、8月に入院して手術を受けた。術後の尿検査で感染症の原因となる細菌が検出されたが、約1カ月後に退院。その後、高熱などの症状で同院を ...


続きはこちら

引用元:産経ニュース
タグ:後縦靱帯骨化症

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking