RareS. | 自家造血幹細胞移植後再発進行古典的ホジキンリンパ腫患者に対するオプジーボ、アドセトリス投与前で客観的奏効率(ORR)65%、投与後でも68% - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 自家造血幹細胞移植後再発進行古典的ホジキンリンパ腫患者に対するオプジーボ、アドセトリス投与前で客観的奏効率(ORR)65%、投与後でも68% - がん情報サイト「オンコロ」

自家造血幹細胞移植後再発進行古典的ホジキンリンパ腫患者に対するオプジーボ、アドセトリス投与前で客観的奏効率(ORR)65%、投与後でも68% - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:ホジキンリンパ腫
2018年04月06日 09時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

自家造血幹細胞移植後再発進行古典的ホジキンリンパ腫患者に対するオプジーボ、アドセトリス投与前で客観的奏効率(ORR)65%、投与後でも68% - がん情報サイト「オンコロ」


2018年3月27日、医学誌『Journal of Clinical Oncology』にて自家造血幹細胞移植(auto-HSCT)後の再発進行古典的ホジキンリンパ腫患者に対する抗PD-1抗体薬であるニボルマブ(商品名オプジーボ;以下オプジーボ)単剤療法の有効性、安全性を検証した第Ⅱ相のCheckMate -205試験 ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:ホジキンリンパ腫

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking