RareS. | オバマケアに救われた家族と、苦しんだ家族。共和党は医療制度をどう変えたいのか - ハフィントンポスト

HOME > ニュース一覧 > オバマケアに救われた家族と、苦しんだ家族。共和党は医療制度をどう変えたいのか - ハフィントンポスト

オバマケアに救われた家族と、苦しんだ家族。共和党は医療制度をどう変えたいのか - ハフィントンポスト

タグ:網膜芽細胞腫
2017年03月26日 10時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

オバマケアに救われた家族と、苦しんだ家族。共和党は医療制度をどう変えたいのか - ハフィントンポスト


網膜芽細胞腫、いわゆる「目のがん」などだ。最終的に、医者はホリーちゃんの片目を義眼と取り換えなければならなかった。アレンさんはアレンさんで、皮膚がんにかかりやすい先天性の疾患があり、年に2回の生検を含む、継続的な診察が必要だ。 クレアさんが妊娠していた時、 ...


続きはこちら

引用元:ハフィントンポスト
タグ:網膜芽細胞腫

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking