RareS. | 小児期の炎症性腸疾患が将来の癌リスクに - m3.com

HOME > ニュース一覧 > 小児期の炎症性腸疾患が将来の癌リスクに - m3.com

小児期の炎症性腸疾患が将来の癌リスクに - m3.com

タグ:クローン病
2017年10月17日 09時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE


中央値27歳までの追跡で、全癌ハザード比は、小児期発症の潰瘍性大腸炎患者で2.6(95%CI 2.3- 3.0)、クローン病患者では1.7(1.5 - 2.1)だった。癌種別では、消化器癌の相対リスクがハザード比18.0(同14.4 - 22.7)で最も高かった。リスク上昇に経時的変化はなかった。


続きはこちら

引用元:m3.com
タグ:クローン病

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking