RareS. | 多発性硬化症の新たな病態増悪メカニズムの一端を解明 - m3.com

HOME > ニュース一覧 > 多発性硬化症の新たな病態増悪メカニズムの一端を解明 - m3.com

多発性硬化症の新たな病態増悪メカニズムの一端を解明 - m3.com

タグ:多発性硬化症
2018年09月19日 06時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE


京都大学は9月13日、多発性硬化症の病態における新たな免疫細胞の役割とその作用機序の一端を明らかにしたと発表した。この研究は、同大学大学院薬学研究科の白川久志准教授、金子周司教授、筒井真人薬学部生(現・日本たばこ産業医薬事業部研究員)、平瀬僚 ...


続きはこちら

引用元:m3.com
タグ:多発性硬化症

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking