RareS. | 初期膀胱がんに対してキイトルーダの完全奏効率は38%と有効な可能性 - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 初期膀胱がんに対してキイトルーダの完全奏効率は38%と有効な可能性 - がん情報サイト「オンコロ」

初期膀胱がんに対してキイトルーダの完全奏効率は38%と有効な可能性 - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:膀胱がん
2018年10月30日 22時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

初期膀胱がんに対してキイトルーダの完全奏効率は38%と有効な可能性 - がん情報サイト「オンコロ」


KEYNOTE-057は、BCG療法が不応となり、根治的膀胱切除術が適さないか、根治的膀胱切除術を拒否した高リスク初期膀胱がん患者に対するキイトルーダ単独療法を検討する第2相試験となる。この試験の主要評価項目は、CR率(コホートAのみ)と無再発生存率(コホートB ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:膀胱がん

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking