RareS. | 小社会 76歳で死去した「車いすの天才科学者」… - 高知新聞

HOME > ニュース一覧 > 小社会 76歳で死去した「車いすの天才科学者」… - 高知新聞

小社会 76歳で死去した「車いすの天才科学者」… - 高知新聞

タグ:筋萎縮性側索硬化症
2018年03月15日 12時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

小社会 76歳で死去した「車いすの天才科学者」… - 高知新聞


ホーキング博士は55年前、筋萎縮性側索硬化症(ALS)と診断され、「余命は数年」と宣告された。長い病との闘いを支えたのは電動車いすと音声合成装置。コンピューターを駆使して、独創的で平易な宇宙論などを発表し続けた。 「人生はできることに集中することであり、できないことを悔やむことではない」。博士の言葉は ...


続きはこちら

引用元:高知新聞
タグ:筋萎縮性側索硬化症

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking