RareS. | 横浜市立大 ベーチェット病の発症に細菌成分が関与していることを発見 - QLifePro医療ニュース

HOME > ニュース一覧 > 横浜市立大 ベーチェット病の発症に細菌成分が関与していることを発見 - QLifePro医療ニュース

横浜市立大 ベーチェット病の発症に細菌成分が関与していることを発見 - QLifePro医療ニュース

タグ:ベーチェット病
2014年05月16日 06時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

横浜市立大 ベーチェット病の発症に細菌成分が関与していることを発見 - QLifePro医療ニュース


横浜市立大学医学群 病態免疫制御内科学教室の石ヶ坪良明教授らの研究グループは4月30日、ベーチェット病の発症に細菌成分が関与していることを新たに発見し、遺伝学的に証明したと発表した。この研究成果は、米国アカデミー紀要「Proceedings of the National ...


続きはこちら

引用元:QLifePro医療ニュース
タグ:ベーチェット病

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking