RareS. | 濾胞性リンパ腫の初治療 抗CD20抗体オビヌツズマブと化学療法で3年無増悪生存率が約80% 2016 ASH - オンコロ

HOME > ニュース一覧 > 濾胞性リンパ腫の初治療 抗CD20抗体オビヌツズマブと化学療法で3年無増悪生存率が約80% 2016 ASH - オンコロ

濾胞性リンパ腫の初治療 抗CD20抗体オビヌツズマブと化学療法で3年無増悪生存率が約80% 2016 ASH - オンコロ

タグ:慢性リンパ性白血病
2017年02月28日 14時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

濾胞性リンパ腫の初治療 抗CD20抗体オビヌツズマブと化学療法で3年無増悪生存率が約80% 2016 ASH - オンコロ


オビヌツズマブはB細胞の発現するCD20に結合する糖鎖改変型モノクローナル抗体で、米国や欧州など海外では濾胞性リンパ腫(FL)、および慢性リンパ性白血病(CLL)を対象として承認されている(商品名Gazyva/Gazyvaro)。FLの一次治療は適応とされておらず、リツキサン ...


続きはこちら

引用元:オンコロ
タグ:慢性リンパ性白血病

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking