RareS. | 中枢神経系(CNS)に転移を有する未治療のEGFR遺伝子変異陽性進行性非小細胞肺がん患者に対するタグリッソ、無増悪生存期間(PFS)を統計学有意に延長する - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 中枢神経系(CNS)に転移を有する未治療のEGFR遺伝子変異陽性進行性非小細胞肺がん患者に対するタグリッソ、無増悪生存期間(PFS)を統計学有意に延長する - がん情報サイト「オンコロ」

中枢神経系(CNS)に転移を有する未治療のEGFR遺伝子変異陽性進行性非小細胞肺がん患者に対するタグリッソ、無増悪生存期間(PFS)を統計学有意に延長する - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:非小細胞肺がん
2018年09月05日 13時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

中枢神経系(CNS)に転移を有する未治療のEGFR遺伝子変異陽性進行性非小細胞肺がん患者に対するタグリッソ、無増悪生存期間(PFS)を統計学有意に延長する - がん情報サイト「オンコロ」


2018年8月28日、医学誌『Journal of Clinical Oncology』にて中枢神経系(CNS)転移のある未治療上皮増殖因子受容体(EGFR;以下EGFR)遺伝子変異陽性進行性非小細胞肺がん患者に対するファーストライン治療としてのEGFRチロシンキナーゼ阻害薬である ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:非小細胞肺がん

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking