RareS. | iPS細胞を使って発見。 既存薬がALSにも効果 - ハフィントンポスト

HOME > ニュース一覧 > iPS細胞を使って発見。 既存薬がALSにも効果 - ハフィントンポスト

iPS細胞を使って発見。 既存薬がALSにも効果 - ハフィントンポスト

タグ:筋萎縮性側索硬化症
2018年10月14日 10時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

iPS細胞を使って発見。 既存薬がALSにも効果 - ハフィントンポスト


iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使って病気の状態を再現し、薬の候補を探す「創薬」により、パーキンソン病の既存薬が筋萎縮性側索硬化症(ALS)に効くことを、慶応大などのチームが発見した。13日、東京都内であった再生医療のシンポジウムで、同大の岡野栄之教授が公表 ...


続きはこちら

引用元:ハフィントンポスト
タグ:筋萎縮性側索硬化症

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking