RareS. | 転写調節因子「Sbno2」は次世代の骨粗しょう症治療薬のカギの可能性 - 阪大 - マイナビニュース

HOME > ニュース一覧 > 転写調節因子「Sbno2」は次世代の骨粗しょう症治療薬のカギの可能性 - 阪大 - マイナビニュース

転写調節因子「Sbno2」は次世代の骨粗しょう症治療薬のカギの可能性 - 阪大 - マイナビニュース

タグ:大理石骨病
2013年08月30日 11時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

転写調節因子「Sbno2」は次世代の骨粗しょう症治療薬のカギの可能性 - 阪大 - マイナビニュース


次にSbno2ノックアウトマウスの骨のが解析が行われ、すると10週齢において著明な骨量の上昇が確認され、「大理石骨病」を発症していることが判明した。組織解析では破骨細胞の数は正常であったが、1細胞当たりの核の数が減少しており、融合障害が疑われたのである( ...


続きはこちら

引用元:マイナビニュース
タグ:大理石骨病

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking