RareS. | 慢性リンパ性白血病から急性転化したリヒター症候群 ブルトン型チロシンキナーゼ阻害薬アカラブルチニブが単剤奏効率38% ASH2016 - がん情報サイト「オンコロ」 (ブログ)

HOME > ニュース一覧 > 慢性リンパ性白血病から急性転化したリヒター症候群 ブルトン型チロシンキナーゼ阻害薬アカラブルチニブが単剤奏効率38% ASH2016 - がん情報サイト「オンコロ」 (ブログ)

慢性リンパ性白血病から急性転化したリヒター症候群 ブルトン型チロシンキナーゼ阻害薬アカラブルチニブが単剤奏効率38% ASH2016 - がん情報サイト「オンコロ」 (ブログ)

タグ:慢性リンパ性白血病
2017年04月10日 12時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

慢性リンパ性白血病から急性転化したリヒター症候群 ブルトン型チロシンキナーゼ阻害薬アカラブルチニブが単剤奏効率38% ASH2016 - がん情報サイト「オンコロ」 (ブログ)


慢性リンパ性白血病(CLL)から急速に進行するリヒター症候群患者を対象とし、次世代ブルトン型チロシンキナー(BTK)阻害薬アカラブルチニブを単剤投与した結果、38%の奏効率が得られたほか、24%の患者に病勢安定(SD)が認められた。初代BTK阻害薬イブルチニブ( ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」 (ブログ)
タグ:慢性リンパ性白血病

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking