RareS. | 難病と闘う著者がわが子に綴る幼少時の物語 涙あり、笑いありの児童文学「ぼくにできること」刊行 - SankeiBiz

HOME > ニュース一覧 > 難病と闘う著者がわが子に綴る幼少時の物語 涙あり、笑いありの児童文学「ぼくにできること」刊行 - SankeiBiz

難病と闘う著者がわが子に綴る幼少時の物語 涙あり、笑いありの児童文学「ぼくにできること」刊行 - SankeiBiz

タグ:筋ジストロフィー
2018年01月16日 10時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

難病と闘う著者がわが子に綴る幼少時の物語 涙あり、笑いありの児童文学「ぼくにできること」刊行 - SankeiBiz


株式会社みらいパブリッシング(所在地:東京都杉並区、代表取締役:松崎 義行)は、子どものみらい文芸シリーズより「ぼくにできること」(本体 1,300円+税)を2月1日に刊行いたします。 この物語は、難病のデュシェンヌ型筋ジストロフィーにより全身が動かず、発声もできない著者の土屋 竜一が、幼かった2人の我が子 ...


続きはこちら

引用元:SankeiBiz
タグ:筋ジストロフィー

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking