RareS. | ALSの診断や経過予測のバイオマーカー発見 東邦大など - 日刊薬業

HOME > ニュース一覧 > ALSの診断や経過予測のバイオマーカー発見 東邦大など - 日刊薬業

ALSの診断や経過予測のバイオマーカー発見 東邦大など - 日刊薬業

タグ:筋萎縮性側索硬化症
2018年01月16日 17時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

ALSの診断や経過予測のバイオマーカー発見 東邦大など - 日刊薬業


東邦大などは16日、神経や細胞の保護に働くタンパク質NAIPが筋萎縮性側索硬化症(ALS)の診断や経過を予測するバイオマーカーとなることが分かったと発表した。研究成果は英科学誌「Scientific... この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。 ログインIDとパスワードをお持ちの方 ...


続きはこちら

引用元:日刊薬業
タグ:筋萎縮性側索硬化症

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking