RareS. | クローン病、善玉菌の腸内環境を人工的につくり出し炎症改善 研究 - 時事通信

HOME > ニュース一覧 > クローン病、善玉菌の腸内環境を人工的につくり出し炎症改善 研究 - 時事通信

クローン病、善玉菌の腸内環境を人工的につくり出し炎症改善 研究 - 時事通信

タグ:クローン病
2017年11月17日 04時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

クローン病、善玉菌の腸内環境を人工的につくり出し炎症改善 研究 - 時事通信


クローン病の症状には、頻繁な下痢、発熱、筋けいれん、倦怠(けんたい)感、直腸出血、原因不明の体重減少などがあるが、原因はまだ解明されておらず、根治的治療法は確立されていない。不定期に現れる可能性のある症状を緩和するために、外科手術や薬剤、サプリメントの ...


続きはこちら

引用元:時事通信
タグ:クローン病

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking