RareS. | 「心がポキンと…」生涯一度の弱音 笑顔で生きた13歳 - 朝日新聞

HOME > ニュース一覧 > 「心がポキンと…」生涯一度の弱音 笑顔で生きた13歳 - 朝日新聞

「心がポキンと…」生涯一度の弱音 笑顔で生きた13歳 - 朝日新聞

タグ:脳腫瘍
2018年04月06日 11時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

「心がポキンと…」生涯一度の弱音 笑顔で生きた13歳 - 朝日新聞


小学3年の夏、今度は脳腫瘍(しゅよう)がみつかった。大阪府内の病院に入院。院内学級で学びながら、1年近く抗がん剤治療を続けた。髪の毛が全部抜け、激しい吐き気と下痢に苦しんだ。 夢があった。自分の担当だった男性医師にあこがれて、「先生のような小児科医になりたい」と母の美智代さん(50)に打ち明 ...


続きはこちら

引用元:朝日新聞
タグ:脳腫瘍

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking